毛穴の奥までしっかりカバー|30代に合ったおすすめ化粧品

女性

肌の老化対策コスメ

基礎化粧品

いろんな成分があります

肌のエイジング(老化)によってシワやシミ、くすみやたるみなどさまざまな肌トラブルが起こってきます。アンチエイジング化粧品はこれらのどれか、もしくは複数の悩みを持つ人のために作られた化粧品です。アンチエイジングの効果によってさまざまな成分があります。だからこそ自分の悩みや改善したいことをよく考えて成分を確かめて選択する必要があります。例えば、シミやくすみ予防に重点をおきたい場合はメラニン生成を抑える美容成分を含む化粧品を選びます。この成分にはビタミンC誘導体やアルブチン、ルシノールなどが挙げられます。できてしまったシミやくすみに対してはハイドロキノンが含まれた化粧品がお勧めです。しかしこの成分は他の美容成分と比べ刺激性が気になるケースがありパッチテストを行なってから使用するようにします。

シワ対策の美容成分

肌の悩みで多いものの1つにシワがあります。シワといっても表皮部分のみの浅いちりめんジワなら保湿でなんとかなります。しかし真皮層まで達している深いシワは保湿のみでは対応できません。コラーゲンを与えても真皮層まではあまり届くことはありません。そのためコラーゲンを増やす働きを持つ成分を真皮層まで届ける必要がでてきます。そのことに対してビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンなどが効果的なのでこれらを含むアンチエイジング化粧品を選択するようにします。1本のアンチエイジング化粧品でシワやシミ、くすみなどたくさん改善したい場合はビタミンC誘導体を含む化粧品が勧められます。ビタミンC誘導体はシワやシミ、抗酸化作用があり万能成分といわれています。さらに欲しい成分がプラスされているか、浸透性などを見て選択するとよいとされています。